本文へスキップ
札幌市北区新琴似で鍼灸治療を行っております。往診もしておりますので、お気軽にご相談ください。
脈診流経絡治療 まつひさ鍼灸院 〒001-0910札幌市北区新琴似10条6丁目5-10 TEL 011-788-5559

治療方針

治療方針



 経絡治療とは、「病体を気血の変動として統一的に観察し、その病変を経絡の虚実となし、経穴をこれが診断と治療の場として鍼灸を以て補瀉調整する随証療法」である という定義があります。

 気血とは、人間の身体を走っている経脈を巡って全身の各部を栄養し、病変の回復をはかって生命を維持し、生体を成長させる生命力の根源といわれております。

 経絡鍼灸治療術の目的は、気血 の調節です。変動すれば病気であり、整っていれば無病健康と考えます。この経絡変動を補ったり、取り除いたり調整するのが、東洋医学独特の病理観であり、治療理念であります。

 患者様の状態を、望・聞・問・切の診察法で把握し、さらに腹診、脈診を経て治療方針を決定しそれに随って、鍼・お灸を施します。経絡の変動による乱れた脈や腹部が改善されましたら、治療終了と判断いたします。

●治療時間は、約
45分程度です。(初診の時は、約60分程度)

●はり・・全て使い捨てです。
     (その都度廃棄し、新しいものを 使用いたします)
 
      髪の毛よりも細いです。痛い鍼はいたしません。                                                       
●お灸・・症状により、高級もぐさ・粗もぐさ・棒きゅうを使い
     分けます。
     いずれも、ぽかぽか程度で心地よいです。例外として、
     症状により熱を通す方法もございます。